E-Living Vancouver

住まいと学校のパッケージで楽々安心渡航。 シェアハウス予約と日本からあるいは現地で選ぶ語学学校のお申し込み無料サポート。

お金と時間と安心。どれも大事にしたい人のチョイス
★お得なルーム&スクール・パッケージ・プラン$260法
1. 日本にいながらバンクーバーのシェアハウスを優先的にご紹介 
2. 6ヵ月後の契約更新・滞在延長が可能!
3. 渡航前または現地で選ぶ語学学校の紹介やトライアル授業の事前手配
4. アフターフォロー付き入居アシストとハウスオリエンテーション

その他、お部屋だけのご予約ルームオンリープラン$300砲發△蠅泙后       
お金の節約+時間の節約、安全・快適なスタートを応援致します。

バンクーバー情報サイト

バンクーバーの最高気温34度!今まで体験したことのない暑さにとうとう新記録を達成しました!
バンクーバーの家にはA・Cがない!扇風機さえもないお宅が多く・・皆さんもきっと暑い思いをされたことと思います。
どうにかHeat Waveが去って行った様子なので一安心 
例年は、湿気がなく気温が高くてもサラッと過ごせるここの夏なのに・・

明日は、日本から仲良しカップルさんが到着予定

さて、今日はバンクーバーの見所(ミニ観光)スポットを中心にご紹介。
夏は、行く所・やる事が多すぎて・・・写真がたまってしまいました・・が来ないうちに(笑) グラウス・マウンテンディープ・コーブをご紹介しますね。

山の頂上の景色を楽しんだり・・ビーチでゆっくりと時間をすごす・・
ローカルの人達は日光浴(そんなに日焼けして大丈夫?)の目的でビーチで1日中ゴロゴロ
ただ単にゆっくり流れる時間を楽しみます。
もちろん、気軽にピクニックもかかせませんね!

Grouse MountainDSCF1533Grouse GrindSkyride





山派のあなたへ!
ノースバンクーバーの背後にそびえる迫力のあるグラウス・マウンテン
夏も冬も人気の行楽地。標高1130メートル、
バンクーバーで最も高い山で夏場は登山に挑戦する人達が沢山ですよ。
体力に自信のある方は、ぜひ挑戦して下さい〜!
一生忘れなれない思い出になること間違いなし!
かなりきついトレイルなのでそれなりの覚悟(度胸)・水・携帯・できれば友達と一緒にトライして下さいね。




DSCF1568DSCF1569DSCF1547DSCF1540





体力に自信のない方!ご安心下さい
スカイライドとよばれるゴンドラで優雅に頂上に向かいましょう!
スイスイと頂上を目指し出発。
絶景を楽しめるのはもちろんのこと、登山で味わう苦しみ(喉カラカラ・膝ガクガク)はありません!
が代わりにゴンドラはお金がかかります・・・(沈)
しかも37ドル(往復)もするんです・・・
楽するにはお金もかかるのですね。下山だけならたったの5ドル(悲)



DSCF1550DSCF1566Screaming Eagle ChairDSCF1557




ピーク・シャレーにはゴンドラの終着駅に併設して展望レストランやカフェがあるので
絶景を楽しみながらランチができます。
ヘリツアーの参加も可能。
夏で周りに積もる雪はないけど、リフトはただで乗れますよ!
リフトに乗ると心地良い風のお陰でCool Downできるので何回も乗り続けるおばちゃま・・
なんといっても景色が抜群です。



Lumberjack ShowsDSCF1560DSCF1562DSCF1565





レクリエーション・パークになっていて無料のビデオショーの他、
LUMBERJACK SHOW(コメディー系)は結構お勧め。
笑いの中にも技ありの人気のショー!?1日数回決められた時間に開催!



skyride for employmentsDSCF1567





The Observetoryでランチをしていると、食材などを運ぶ専用のゴンドラをお見かけ。
ゴンドラの中はダンボール箱で一杯です。
空を飛ぶ人もちやほや見かけました。
ドンドン小さくなり無事に着陸!
風に追われて木に引っかかったり海にチャポーンなんてないのかな??



DSCF1576DSCF1575DSCF1577





帰る途中、山の麓に”なんとか・パーク”(名前覚えてません・・ごめんなさい)を見つけ
立ち寄ってみたところ、とてもきれいな景色に遭遇!



DSCF1587DSCF1582DSCF1584DSCF1585





”なんとか・パーク”の中を散策していると、昔に作られた小さなダムを発見。



DSCF4249DSCF4251DSCF4250DSCF4252







今度は海派のあなたへ同じくノースバンクーバーに位置する
ディープ・コーブをご紹介!
周りは湾でとても静かな(日本の様な人波ビーチではありません)お気に入りスポットで〜す。


DSCF4267DSCF4273DSCF4268DSCF4272






毎年恒例のカニ合戦。
水際にコロコロ転がる石を動かすと小さなカニが一杯で周りの子供達は興奮して奇声を発するくらいです。
うちの息子もカニさん達に遊んでもらいます。
モンキーチェーンではなくカニチェーンゲーム開催!(カニさん、ごめんなさい)
遊んだ後はちゃんと水辺に戻してお別れです。だけどまた来るよ、うちの息子・・(絶)



DSCF4256DSCF4274DSCF4277DSCF4276






ゆったりと流れる時間に身をまかせると、
周りの水・太陽・木・・すべての自然と調和できてかなり癒されるこのスポット。
我が家は、半日以上ここでゆっくりと過ごします。
レストランが並ぶ小さなタウンもあるので食事もできます。



DSCF4278DSCF4279DSCF4281DSCF4283






木陰にすっぽり覆われたプライベートビーチ(湾)付きのおしゃれなお宅を発見!
こういうお宅がディープ・コーブの周りに沢山並んでます。






Lynn Canyonの紹介。
体力に合わせてコースを選べるトレイルが沢山あり森林浴が楽しめますよ。
お勧めはですから皆さんもぜひ行って下さい。

Lynn Canyon Park SignDSCF1752DSCF1753DSCF1749









岩場からジャンプして飛び込む人達や水遊びを楽しむ子供達あとワンちゃんで一杯です。
水の色も透き通ったエメラルド!?色でとってもきれいです。

DSCF1730DSCF1740DSCF1734DSCF1729










トレイルを歩くと目の前に急に現れる美しいライス レイク。
湖の景色を楽しみながら一周できるので
シャッターチャンスも多いエリア!

DSCF1761DSCF1765DSCF1756DSCF1757








リンキャニオンのサスペンションブリッジ!で〜す。←無料の吊橋。
ロンズデール・キー・ターミナルから市バス#228に乗車してLynn Valley(公園の入り口)で下車。
トレイルのコースが長いのでお水(ペットボトル)と携帯持参。
そして必ずお友達を誘って出かけましょうね!


DSCF1720BlogPaintBlogPaintBlogPaint









5
よくドライブするHighwayを通るたびにずーと(何十年!?)
素通りしていたお寺へ行ってきました。

リッチモンドにある国際佛教観音寺International Buddhist Temple)。

Highwayから見えるお寺は外形も立派!
お寺の中に足を踏み入れると(感動・感激)すばらしい空間、
海外にいることを忘れてしまうこの感覚!
中国からの移民者がとても多いこの国カナダ・・バンクーバー(リッチモンド)にも多くの中国人が住んでいます。中国人の大きなコミュニティーの協力の元で建てられた素晴らしいTemple!

今日一緒にお供してもらったのは、スタッフとお客様のY子さん!

a1a2a3a4







どこでも始めて訪れる所ってドキドキ・ワクワクしますよね!
車を降りて3人でゆっくりと入り口に向かいます。

b1b2b3b4






入り口の手前に小さなお店で売られている長いピンクのお線香を購入し火をつけます。
沢山の線香に同時に火をつけたので ”仏様に捧げる線香” がすごい勢いで
手元で大火事状態。
大量の煙にまかれて目が痛くても、涙が出ても、おばちゃまは負けません。(その様子を目撃していた白人のおばさんに笑われてますが・・)

c1c2c3c4







d1d2d3d4







寺院をグルグルしていると突然目の前にすごい建物が!
色使いもとっても派手!
赤色が基調そして黄色の2段重ねの素晴らし屋根!です。
塗装・・彫刻・・周りに置かれた手入れをされた盆栽とすべてが調和されて、
ここカナダにいること自体が信じられないような心境にさせられてしまうのがまた不思議な感覚。

e1e2e3e4







寺院(建物の中での)写真撮影が禁止されているので離れて外から取りました、
1番右と左の写真がAvalokitesvara Bodhisattva (Thousand-Hand-Thousand-Eye)です。
こんな輝く金色の眩いほどの仏像を目にしたのも初めてでまたまた感動に浸ります。
その他にもSakyamuni Buddha、Ksitigarbha Bodhisattva (Thousand Year tree root)、
Four Heavenly Kingsなどの像が祭られています。

f1f2f3f4




麒麟や鹿、迫力のある狛犬、口の中に玉が入っていて、両方口を閉じている感じです。

迫力度100%の狛犬の後で・・なんですが・・
その中で一番気に入ったのは!!  なんと言っても、

bb1この愛嬌のある ”パンダ”!! 
見て下さい〜。かわいいでしょう!
こんなお寺でこんなかわいい”パンダ”に出会うとは!?どこからみても憎めない
かわいい顔をしてます。もう少し激写してくればよかったな・・・残念。




g1g2g3g4








手を合わせ、欲張りしてお祈りすることを考えるけど、
どういうわけか手を合わせる度に ”ありがとう”の言葉(思い)しか出てきません・・
(きっとそれでいいんですね・・)
You yourself, as much as anybody in the entire universe,
deserve your love and affection.- Buddha

h1h2h3h4








Thousands of candles can be lighted from a single candle,
and the life of the candle will not be shortened. 
Happiness never decreases by being shared.- Buddha

i1i2i3i4








素晴らしい庭園の中には池、小さな橋。
庭園を囲むように植えられた竹や様々な木。
東洋の雰囲気100%満足できますよ!

cc4j2j3j4







という事で、初めて訪れたTempleでしたがとても楽しめました。
満足度はかなり大です。皆さんもぜひ足を運んでくださ〜い。
ホームシックにかかっている方、ストレスから逃れたい方、学校の勉強で疲れている方・・癒しのスポット、
このお寺へぜひぜひお出かけ下さいね。 

cc1cc2cc3j1







International Buddhist Temple 詳細は下記のホームページをクリック!
  ↓     ↓     ↓     ↓
    Buddihist Temple

住所: 9160 Steveston Highway Richmond B.C. Canada
電話: 604.274.2822

a1a2a3a4








リッチモンドというと、アバディーンセンター!?
数週間前に仕事途中ちょっと立ち寄ってみたところ、丁度
盆栽フェスティバル(←勝手に名をつける)が開催されていたので写真をUp!
見かけるのは中国人ばかりのモール、まるで香港にでもいる様です(笑)
1時間毎?音楽と一緒に噴水ショーもやっていて吹き抜けになった上階から見下ろしてみるのも
かなりGoodです。

b1b2b3b4








Metro Vancouver Gardening Society 主催の盆栽フェスティバル。

BlogPaintc2d1d2







日本の商品がなんでも手に入るダイソーもあるんです。
そしてうれしい味!Beard Papaのシュークリーム!

今日も、バンクーバー博物館へ戻ってきました。
息子が参加している”Historic Fair”の最終日です。そうなんです・・
なんと2日間連続の発表会です。
息子を会場にDrop Offしたあと、姉2人・姪っ子・甥っ子と合流して、
グランビルアイランドへ向け博物館を出発しました。
昨日のブログで紹介したデートコース、所々で写真を撮りました。

H2H1H3





↑バンクーバー博物館、Chestnut Streetの住宅街が今日の起点ポイント↑


S1s2s3





土曜日の朝、犬の散歩している人、ジョギングに精を出す人(明日のバンクーバーマラソンに
向けてトレーニング?)、
コーヒーを片手に友達と散歩、カメラを手に持つ人・・・色々です。


b1b2b3





周りのJoggerにつられて小走りするおばちゃま達3人(私を含め・・沈)
その後ろを14歳の姪と17歳の甥が2人で大笑いしているのはなぜでしょう??



V1v2v3





ゆっくり歩くと20分弱くらいかな??
この間、ずーと自転車用と歩行者用の2線のPathが続いています。




w1w2w3





グランビルアイランド内の水際を歩くと・・
小さなお家Floating Houseが沢山浮かんでますが・・
↑これって、アパートそのまま水の上に建てられているのでしょうか??
・・見るたびに疑問。
パティオでコーヒーを飲みながら新聞を読んでる人・・水際のきれいなViewうらやましい限りです。


f1f2f3





無理して小走りしたおばちゃま達は姪と甥のパワーには敵いません!が
3対2の多数決の結果
小さなレストランを見つけコーヒーが飲みたい!
と大声で言い訳ししっかり腰掛ける(笑)。休憩!休憩!!
コーヒーを飲みながらゆっくりしていると,
そのうちなぜか行列が・・・
どうやら、みんな、このレストランのFish & Chipが目的の様です。
誘われるように行列に加わるのはやっぱりおばちゃまの3人組・・
小走りして汗かいた分許して下さい。

 
d1d2d3





ボリュームのある突然のFish & Chip・・のお出ましにすっかり満腹状態。
”おなか一杯でもう歩けない”と言い訳し、
グランビルアイランドまでの到達を断念,引き返すことになりました。
これも3対2の多数決!
おばちゃまが多い日は、多数決に勝ってばかりで気持ちいい!!
Strangerの後を小走りしているおばちゃまの1人(苦)
何者かにつけられている気配感じ振り向く男性。


c1c2c3






とってもかわいいDucklingのFamilyを見つけました!!
”かわいい、かわいい!!”の言葉が飛び交う中・・・
”Oh,Looks Good”と冗談をいう甥っ子(育ち盛りは食欲旺盛
このDuckling Familyは博物館裏側の池淵でみつけましたが・・・が、
まだいるんです・・・他のFamilyが・・

z1z2z3







博物館正面玄関前・・
昨日紹介したシルバーカラーの巨大な”ザリガニ”が力強く踏ん張る噴水・池の中にも
違うDuckling Familyがザリガニに遠慮しながら静かに住んでいます・・・
夜になると大暴れ(?)恐怖のザリガニさん・・