バンクーバーで留学やワーキングホリデー生活を始めるお客様の中には、
「意外に物価が高い・・・」というシビアなお声がチラホラ。
そんな方やあたし(←一応、主婦)を含めて、うれしい税金改正のニュースです。

まず、バンクーバー(BC州)には2種類のTAXがあります。
●GST(Goods ans Services Tax - 消費税 - 5%)
●PST(Provincial Sales Tax  - 州売上税 - 7%) 

今まで(2010年夏より〜)、12%(HST)もの税金がかかっていたものに対して、
2013年4月1日より、
一部のサービスや商品のみに限られるけど・・
なんと!
GSTの5%だけに下がります←今まで、反対してきた州民がんばった甲斐ありましたッ。
税金だけで、7%のセーブって大きくてうれしくない??

個人的に一番うれしいのは、やっぱり外食(レストラン)

re1













例えば、2人で食べて飲んで100ドルの小計に
今までは、税金加えて$112ドルこれからは、$105ドル!

res2














それと、映画!
クリスマス休暇時に、息子、甥っ子、姪っ子と一緒に楽しみにしてた
Hobbitをみてきたけど、ムービーもあっという間に財布がカラカラ(プッ)

Movie














ガールズとおデートVSOのコンサート!
こういったスポーツ・コンサートや映画の入場料も5%(税)のダウン。

VSO













多分、ヘアカットやネールサロンでのサービスもその対象だと思います(よねッ?)
うちのダンナが喜んでるのは、フィットネス(ジム)やゴルフの会費が安くなる点だとか・・。
ちょうどこれからの季節、
アウトドア志向のローカル人は、
自転車やマウンテンバイクの購入も4月1日を待ってから!という人も多いそうです。
$1000ドルのバイクで70ドルのセーブですから大きいですよね。
これを機に不動産(新築)やリノベーションも、また活発化しそうです

bike














1日1善−ポチッと応援クリック宜しくねっ
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 英語ブログ 語学留学 /></a><br /><a href=にほんブログ村

カナダ総合情報サイト e-Maple.net