カナダ留学中の悲劇←ここバンクーバーで、
ワーキングホリデーや留学を計画している方は、
ビクッ!とするタイトルではないでしょうか?
うちとはまったく関係のないナツミさんでしたが、
行方不明になった時には、
ワーホリ留学生を受け入れるという意味で
同じ同業者(留学エージェントさん)の事も
考えるといたたまれない気持ちになりました。

E-Livingのシェアハウス仲介サービスを利用する
お客様って女性がほとんどです。⤵
なぜか言うと、安心して住める
女性限定のシェアハウスが多いからです。
写真は、以前シェアハウスに住んでいたワーホリ女子の
お別れショットで投稿内容とはまったく無関係です。

IMG_6668

皆さんワーホリの年代だと、
恋愛最適のお年頃で可愛い方ばかりで
”外人の彼氏が欲しいーッ!”
小さい胸や大きい胸・・・
それぞれの胸を弾ませているんですよ。

出会い系サイトを利用して、
カシャカシャ・・・
指先軽く動かして、
時間が空くと
出会い求めてカシャカシャ。
英語をアウトプットする場所として、
Meet Upという名のナンパ先の、
ラングエッジエクスチェンジに
軽やかに足を運んだり。。。
いやいや、
全然悪いことじゃないので否定はしませんが、
素直すぎる日本人女性って相手の嘘に気が付かず
騙されるケースも多いのです。
オンラインとかさー、
出会いの場は多いとは思うけど、
ほんとにみんな気を付けてね
つい最近、
お客様の1人がストッカーに悩まされる事が
皆さんも下記のYouTubeを見て、
気を引き締めて、
海外での自分の行動を
見直して下さいねッ。


にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村