本日は少し内容がシビアなブログです。
今、振り返ってもハラハラした感情が、
昨日の出来事だったかのように、
よみがえってきます
お客様のリアル過ぎるワーキングホリデー体験談。
あたりまえ過ぎるけど、
カナダ入国する際に海外保険加入は必須です。
そうです!
皆さん、海外保険に入ってくるけどまさか自分が
大ケガをしたり
病気になるなんて
想像付かないですよね。
日ごろから健康体の方は特にそうです。
でも、今回だけは違いました。
元気よくバンクーバー入りして、
仲介シェアハウスで就学・就労のバイト生活を
頑張っていた(いや頑張りすぎてたかも)
ワーホリ女子が急に病気で倒れてしまいました。

渡航時の不安解消同行サービスでは、
無論至ってヘルシーでした。
両替所でカナダドル換金したり、
4

ダウンタウンのお店で日用品を購入したり、
9

シーズン終わりで残念だけど、
来年になれば満開の桜が見れるし、
と思いながら桜の写真を撮ったり。。。
こんな感じでバンクーバー初日、
2日目を過ごしました。
1

そんなこんなで、
滞在3ヵ月目を切ろうとしたときに、
突然、バンクーバー市内の緊急病院にかけつけ、
結局入院する事態になってしまいました。
ブログ投稿や画像は⤵本人の承諾を得ていますが、
病名や具体的なお話しはあえて伏せる事にします。
2

若くて元気なのに急に倒れてしまうなんて!!

海外旅行保険にしっかりと加入しているけど、
入院費用・精密検査などの費用はバカ高いから、
補償金額オーバーしてしまう?!
のではないかと病気で弱っていながらも、
本人ドキドキです。
a (2)

写真は、
彼女が入院していたバンクーバー市内の病院内です。
a (1)

コロナの影響で、ただでさえ看護師不足。。
それに、
サービス大国のみたいな手取り足取り看護なんて
期待できない中、不安な気持ちだけを抱えて
病院にとどまっていました。
a (3)

選んだ保険の補償金額はカナダドル$25,000。
オーバーしたらどーしよー!?

そんな時、彼女が握りしめていた日本のクレカが
神様アイテムだったのです
ネズミの様な灰(シルバー)カラーですが、
私たち2人の目にはキランキラン!
まるでゴールドの様に輝いて見えました(笑)
a (4)

渡航前に、
なんとーなく申請ゲットしたというエポスカード。
別にクレジットカードとして使ってもいなかったそうで、
日本⇔バンクーバーの航空券の購入にも利用しなかった
まっさらなエポス様。
ただただ、90日間付帯の海外保険が付いてくるから
申請したというエポス様。
オーバーする医療費を補償してもらえるという神アイテム
だったのです。
前後しますが、
ご本人様・・・お蔭様で退院した後に帰国の
運びとなり現在は日本でリハビリ療養中です。
8

日本到着後も検査入院や治療、通院費など
細かい部分もカバーしてもらえている様で
病気で倒れたワーホリ💛さんと私も、
エポス様の手厚いサポートに驚きと感謝。
これからワーホリ・留学で、
バンクーバー渡航予定の方達へ
現地で病気・入院を体験した張本人が、
”ぜひ、みんなに知って欲しい”と一押し
90日間海外保険が無料付帯のクレカをお探しの方は、
ぜひエポス様も比較対象に入れてご検討下さい。
まわしものではないですが、
宣伝したいくらいお世話になっています。
詳細は直接エポスへどうぞ
今後も💛さんの早い回復を願い応援してます
a (5)

ブログランキング参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村